忍者ブログ
粋に生きたいよね。楽しく行きたいよね。 食べ物の事や好きな音楽やLIVEレポやら、気の向くまま駄文タレ流しのバカ日記へようこそ。
[179]  [178]  [174]  [173]  [169]  [166]  [165]  [163]  [160]  [159]  [158
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずクリック協力お願いします。
人気ブログランキングへ


三沢選手が亡くなりましたね。
翌日、有名レフリーのテッド・タナベさんも。

最近すっかり熱が冷めていたとはいえ、プロレスファンとしては残念です。

私は大のジャンボ鶴田選手のファンでした。
今でも鶴田最強論者です。

そんなジャンボ鶴田選手との試合で日本人選手で咬み合っていたのは天龍選手三沢選手くらいだったのではないでしょうか。

受身の天才と言われてた三沢選手がバックドロップでというのがショックです。
バックドロップというのはとても危険な技です。
現在石川県の県会議員として活躍している馳浩氏も現役時代に後藤選手バックドロップ一発で心肺停止になっています。その後復活してご活躍したのは立派でした。

ただプロレスというのはおもしろくて、同じ技でも、選手のキャラによって必殺技だったり試合中盤の痛め技だったりと変化するんですね。バックドロップブレーンバスターがそうゆう技の代表といっていいでしょう。

今回、三沢選手の最後の相手となった斉藤選手バックドロップを得意にはしていたものの必殺技としては利用していません。つまりは痛め技程度の使い方でした。
本来この技は相手を後ろから抱えそのまま仰け反り、相手の後頭部をマットに叩きつけるといる危険な技なのですが、痛め技程度に利用する選手は、相手の選手を肩(背中)から落としているんです。

つまりは三沢選手程のセンスの高いレスラーなら、斉藤選手バックドロップ一発で逝くという事はほぼ無いに等しいんです。
とはいえ危険である事は間違いないんですけどね。レスラーの体格を作ってない普通の人は当然即死です。

ハナシがよく逸れて読みづらい日記ですが、言いたいのは、三沢選手を殺したのは斉藤選手ではないという事。

三沢選手かなり心労が重なり体調も相当悪かったとの事。いろんなことが重なってこの悲しい事故に繋がったのは明白です。

プロレスファンなら、私が長々と書いているこんな事、事件の瞬間から理解している事。


斉藤選手
に嫌がらせをしている人が居るというニュースを知り、三沢選手の訃報よりも更に残念な気持ちになってしまいました。
そんな人はプロレスファンじゃないのは間違いないとして、同じ日本人として本当に残念でなりません。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ご最もです。拍手。!!
おーちゃん 2009/06/19(Fri)10:05:11 編集
ありがとうございます
賛同ありがとうございます。
【2009/06/19 21:00】
三沢ファンが泣くよ・・
はぁ・・・知らないよ・・・だから・・・
殺したのは・・・・事実だ・・・
それ言ったら三沢選手のファンはどうなんだ・・
なお淳 2009/06/20(Sat)20:50:35 編集
コメントありがとうございます
三沢選手は残念ながら亡くなりましたが、間違いなく斉藤選手が殺したんではないですよ。
斉藤選手を逆恨みする人を私は軽蔑します。
【2009/06/20 22:45】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[02/06 パクママ]
[01/10 luljfwssww]
[12/24 XRumerTest]
[12/17 ynzvlhhaml]
[09/07 P]
バーコード
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガッツ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
中古車販売、カーコーティングを中心としたお仕事をしていますが、PCのセットアップをしたりインターネット環境お構築なんかもしています。そんで最近はオリジナルネーム入りのライターなんかも販売してたりします。
死ぬまで生きる! Produced by ガッツ      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]